BLOGTIMES
2016/03/22

ESXi のコマンドラインからパーティションの操作を行う

  esxi 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ESXi で新しくデータストアを追加しようとしたらエラーが出て上手くいかなかったので、コマンドラインから手動でパーティション操作をする方法を調べてみました。
fdisk もありますが、ESXi 5.0 以降は partedUtil を使わなければならないようです。

今回やりたかったパーティションの削除については以下のような感じで実行することができました。
VMware KB: ESX および ESXi で partedUtil コマンドライン ユーティリティを使用する

パーティションを削除するには、次のコマンドを使用します。
partedUtil delete "/vmfs/devices/disks/DeviceName" PartitionNumber

* 2021/2/9 追記

ディスクの状態によってはパーティション削除が以下のようなエラーで失敗することがあるようです。

Error: Both the primary and backup GPT tables are corrupt. Try making a fresh table, and using Parted's rescue feature to recover partitions.

このような場合には mklabel でパーティションテーブルを強制的に初期化してやれば良いみたいです。

partedUtil mklabel "/vmfs/devices/disks/DeviceName" gpt

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8358
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン