BLOGTIMES
2016/11/20

山北鉄道公園と動態化された D52

  kanagawa  sl  park  railways 
このエントリーをはてなブックマークに追加

D5270 正面 - 山北鉄道公園と動態化された D52D5270 側面 - 山北鉄道公園と動態化された D52
D5270 昭和19-川車 日本国有鉄道 浜松工場 昭和28年改造 - 山北鉄道公園と動態化された D52鐵道院 明治四拾四年 - 山北鉄道公園と動態化された D52
腕木式信号機 - 山北鉄道公園と動態化された D52東京鉄道局 新橋管理部 山北機関区跡 - 山北鉄道公園と動態化された D52

静態保存されていた蒸気機関車 D52 を動態化するとして話題になった*1山北鉄道公園に立ち寄ります。

この D52 は動態化するにあたって各所に丁寧に注油をしてあるので、近づくとちゃんと鉄と潤滑油の匂いがしますし、連結棒もピカピカです。が、レールがほとんど延長されていないことにびっくり。もうちょっと長い距離を動かせるようにしたのかと思っていましたが、なんと動輪は2回転しかできないのですね・・・・・・

D52奇跡の復活 | 山北町

山北鉄道公園に静態保存されている蒸気機関車D52-70号機を自力で動くよう整備をします。
運転はボイラー復元による石炭燃焼ではなく、大型コンプレッサーを2基搭載して、圧縮空気を動力源とします。
運転距離は公園内の現行軌道を12m延長して、動輪2回転分です。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8948
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン