BLOGTIMES
2017/04/14

Solaris で prtdiag を使って CPU の種類を調べる

  omnios  solaris 
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前 Solaris で CPU の種類を調べるために psrinfo を使った方法を紹介しましたが、prtdiag を使った方がより詳細な情報が得られることが分かったのでメモ。

実際の出力例を以下に示しますが、こんな感じで CPU 名だけでなく機種名やメモリ、PCIe スロットに刺さっているカードの情報まで分かります。

# prtdiag -lv System Configuration: HP ProLiant ML110 Gen9 BIOS Configuration: HP P99 05/06/2015 BMC Configuration: IPMI 2.0 (KCS: Keyboard Controller Style) ==== Processor Sockets ==================================== Version Location Tag -------------------------------- -------------------------- Intel(R) Xeon(R) CPU E5-1620 v3 @ 3.50GHz Proc 1 ==== Memory Device Sockets ================================ Type Status Set Device Locator Bank Locator ----------- ------ --- ------------------- ---------------- DDR4 in use 0 PROC 1 DIMM 1 DDR4 empty 1 PROC 1 DIMM 2 DDR4 in use 2 PROC 1 DIMM 3 DDR4 empty 3 PROC 1 DIMM 4 DDR4 in use 4 PROC 1 DIMM 5 DDR4 in use 5 PROC 1 DIMM 6 DDR4 in use 6 PROC 1 DIMM 7 DDR4 in use 7 PROC 1 DIMM 8 ==== On-Board Devices ===================================== ==== Upgradeable Slots ==================================== ID Status Type Description --- --------- ---------------- ---------------------------- 1 available PCI Exp. Gen 3 PCI-E Slot 1 2 available PCI Exp. Gen 3 PCI-E Slot 2 3 in use PCI Exp. Gen 3 PCI-E Slot 3, Hewlett-Packard Company Smart Array Gen9 Controllers (cpqary3) 4 available PCI Exp. Gen 3 PCI-E Slot 4 5 in use PCI Exp. Gen 3 PCI-E Slot 5, Intel Corporation 82576 Gigabit Network Connection (igb)

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9275
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン