BLOGTIMES
2017/06/22

CMU の Database Systems の講義が興味深い

  lecture 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CMU(カーネギーメロン大学)のデータベースシステムの講義がオンライン公開されていたのでメモ。

講義のムービーは画面上の Schedule という部分を押すと、講義の一覧が出てくるのでそこから見ることができます。
僕は英語があまり得意ではないのでリスニングがちょっと辛いですが、画像コンテンツであれば分からない部分は何度も繰り返して聞くことができるので便利です。

DBMS というと一般的には RDBMS に関する講義なのかなと思いますが、この講義では最先端の内容をあつかうということで、既に世間一般で使われている RDMS や SQL についての話はすでに習得済みであることが前提になっているので出てきません。話の中心は In-Memory DB です。

The course is appropriate for graduate students in software systems and for advanced undergraduates with strong systems programming skills.

と書かれているとおり、課題はハードで、かなりのプログラミングのテクニックが要求されます。
出てくるコードは C++11 、しかもマルチスレッドのコードが書けることが前提とかなりシビれます。

そして剽窃(コピペ)に関する警告が繰り返し出てくるのがとても印象的。このあたりも含めて非常に参考になりました。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9424
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン