BLOGTIMES
2017/08/10

給料が高い言語は「Scala」「Python」「Kotlin」

  ranking  income 
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンバイがまとめたプログラマーの年収ランキングが話題になっていたのでメモ。

これによると平均額の Top 3 は「Scala」の626万円、「Python」の601万円、「Kotlin」の577万円となっています。Kotlin という言語はあまり聞いたことがありませんでしたが、これは Google が Android アプリの公式言語に取り入れた新しい言語のようです。ざっと見ると Java と似ていて、Java との互換性も高いようです。

ちなみに、元データをよく見てみると年収は 220 万円から 2000 万円まであるので、どの程度信憑性があるのかという疑問は残りますが、発展途上の比較的新しい言語で人材が不足している言語の方が年収が高いのかなという感じでしょうか。一般にプログラマーの給料は作成しているソフトウェアの付加価値を上回ることはないわけなので、言語の優劣というよりは、より高い付加価値を生み出しているシステムがどのような言語で作られているのかということを測るためのランキングなのだろうと思います。

参考


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9530
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン