BLOGTIMES
2018/01/04

ゲーム依存が WHO の正式な疾病のカテゴリになる?

  medical  socialgame 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーム依存が WHO の分類に取り込まれることがニュースになっていたのでメモ。

正確には「疾病、傷害及び死因の統計を国際比較するための統計分類*1」というみたいです。
高額請求等でいろいろと社会問題になっているので、これできちんとしたデータが収集されることになるのではないでしょうか。

ネットゲーム依存、疾病指定へ WHO定義、各国で対策:朝日新聞デジタル

最終草案では、ゲーム症・障害を「持続または反復するゲーム行動」と説明。ゲームをする衝動が止められない▽ゲームを最優先する▽問題が起きてもゲームを続ける▽個人や家族、社会、学習、仕事などに重大な問題が生じる――を具体的な症状としている。

現在はまだドラフトですが、以下のページに 6D11 Gaming disorder が掲載されています。

6D11 Gaming disorder - ICD-11 Beta Draft - Mortality and Morbidity Statistics

Gaming disorder is characterized by a pattern of persistent or recurrent gaming behaviour (‘digital gaming’ or ‘video-gaming’), which may be online (i.e., over the internet) or offline, manifested by: 1) impaired control over gaming (e.g., onset, frequency, intensity, duration, termination, context); 2) increasing priority given to gaming to the extent that gaming takes precedence over other life interests and daily activities; and 3) continuation or escalation of gaming despite the occurrence of negative consequences. The behaviour pattern is of sufficient severity to result in significant impairment in personal, family, social, educational, occupational or other important areas of functioning. The pattern of gaming behaviour may be continuous or episodic and recurrent. The gaming behaviour and other features are normally evident over a period of at least 12 months in order for a diagnosis to be assigned, although the required duration may be shortened if all diagnostic requirements are met and symptoms are severe.


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9887
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン