BLOGTIMES
2022/06/25

実質賃金は 1.7% 減

  income  労働環境 
このエントリーをはてなブックマークに追加

厚労省が発表した毎月勤労統計調査 令和4年4月分結果確報で、実質賃金指数が対前年比で -1.7% になったことがニュースになっていたのでメモ。

4 月の消費者物価指数*1は対前年比で +2.5% となっているので、物価が上がった分だけ賃金が目減りしているという傾向になっていると言えそうです。

実質賃金、確報値1.7%減 4月の勤労統計、下方修正 | 共同通信

厚生労働省は24日、4月の毎月勤労統計調査(従業員5人以上の事業所)の確報値を発表し、物価の影響を加味した実質賃金を前年同月比1.7%減に下方修正した。速報値は1.2%の減だった。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/13317
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン