BLOGTIMES
2022/11/30

インフレ手当の導入が進んでいる?

  income  労働環境 
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、食料品や電気・ガスなどの値上がりが顕著になっていますが、これに対するインフレ手当を支給する企業が増えているようなのでメモ。

帝国データバンクの調査だと会社によっての金額の大小はありますが、中小企業も含めて 1/4 くらいの割合で支給や検討が進んでいるというのは結構驚きですね。
まぁ臨時的な手当でははく普通にベースアップしろという話は出てくると思いますが。

インフレ手当に関する企業の実態アンケート| 株式会社 帝国データバンク[TDB]

1 物価高騰をきっかけとして従業員に対して特別手当(インフレ手当)を「支給した」企業は全体の6.6%となった。また「支給を予定」は5.7%、「支給を検討中」は14.1%となり、全体の4社に1社(26.4%)がインフレ手当に取り組んでいる。他方、「支給する予定はない」は63.7%
2 インフレ手当のうち、「一時金」の支給額(予定・検討中含む)の内訳をみると、「1万円~3万円未満」が27.9%で最も多く、平均支給額は約5万3,700円。「月額手当」(同)は、「3千円~5千円未満」と「5千円~1万円未満」が30.3%で最も多く、平均支給額は約6,500円


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/13639
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン