BLOGTIMES
2021/12/26

コンピューターウィルス等への感染を中小企業は公表していない

  ipa  malware  disclosure 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンピューターウィルス等への感染について 6 割の中小企業は公表していないということが IPA の調査で分かったようなのでメモ。

以下の NHK ニュースの元ネタになったのは IPA のサイバーセキュリティお助け隊サービス内で公開されている「中小企業従業員アンケート」のようです。情報管理についても 5 人に 1 人はルール違反の経験があるなど、セキュリティに関してはは全般的に意識が足りていない&手が回っていないのがよく分かります。

“コンピューターウイルスに感染”など 中小企業の6割が未公表 | NHKニュース

それによりますと、過去3年間で勤務先でコンピューターウイルスに感染するなど、情報セキュリティーの「事故やトラブルを経験した」と回答した人は、105人(10.5%)でした。
このうちトラブルを社外へ公表したかどうかをたずねたところ、6割近くが「公表していない」と答えました。
トラブルの内訳を複数回答で聞いたところ、身代金要求型のランサムウエアなどのコンピューターウイルスによる被害が41%、IT基盤の予期せぬ障害に伴う業務停止が23.8%、などとなっていました。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12949
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン