BLOGTIMES
2018/06/26

Raspberry Pi のエディタを vi にする

  raspberrypi 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Raspbian はデフォルトのエディタが nano なので、vi が使いたいときは以下のように環境変数を指定してコマンドを起動していました。

EDITOR=vi ~

update-alternatives を使うとデフォルトのエディタを切り替えることが分かったのでメモ。

~# update-alternatives --config editor alternative editor (/usr/bin/editor を提供) には 3 個の選択肢があります。 選択肢 パス 優先度 状態 ------------------------------------------------------------ 0 /bin/nano 40 自動モード 1 /bin/ed -100 手動モード 2 /bin/nano 40 手動モード * 3 /usr/bin/vim.basic 30 手動モード 現在の選択 [*] を保持するには <Enter>、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 3

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10260
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン