BLOGTIMES
2018/08/23

日本は修士・博士の取得率が減少している

  postdoctoral  doctoral  stats 
このエントリーをはてなブックマークに追加

修士・博士号取得者の国際比較 - 日本は修士・博士の取得率が減少している
文部科学省 科学技術・学術政策研究所, "科学技術指標2018," 調査資料-274, p.125, 2018年8月.

日本の博士学位の取得率が米独仏英韓中との比較で唯一減少していることがニュースになっていたのでメモ。

元ネタは文科省 科学技術・学術政策研究所の科学技術指標2018*1のようなので、詳しく見てみると人口100万人あたりの博士取得率は日本は 118 名ほど(2014年)で、最も多い 353 人のイギリスや、348 人のドイツと比べると3倍近く差があります

待遇が良くないので、当たり前と言えば当たり前なんですよね。

修士・博士:日本だけ減少…研究力衰退あらわ 7カ国調査 - 毎日新聞

人口当たりの修士・博士号取得者が近年、主要国で日本だけ減ったことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で判明した。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10380
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン