BLOGTIMES
2018/09/02

南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学

  kanagawa  横浜港大さん橋  jsdf  研究機関  AGB-5003 
このエントリーをはてなブックマークに追加

砕氷艦 しらせ(2代目, AGB-5003) - 南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学海上自衛隊 砕氷艦 しらせ - 南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学
観測隊寝室 - 南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学タロ・ジロのゴミ箱? - 南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学
階段 - 南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学艦橋からの眺め - 南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学
艦橋 - 南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学航行支援室の扉 - 南極観測用の砕氷艦「しらせ」を見学

横浜の大さん橋で砕氷艦「しらせ」(AGB-5003)*1が公開されていたので、見学に行ってみました。

以前、船橋に係留されている先代しらせ(こちらは退役済み)を見学しましたが、こちらは現役の方です。今年(第60次南極地域観測隊)の予定*2によると 11 月頃に出港して南極に向かうようです。

海自所属だけど・・・・

砕氷艦は海自の所属ですが、以前、国立で見学した極地研*3の南極観測に使われている船なので、護衛艦とはちょっと構造が違うようで、CIC の代わりに航行支援室というものがあったり、廊下や階段も護衛艦のような狭くて急なものではなく、比較的普通に歩き回れるスペースが確保されていました。

また、第一次越冬隊で置き去りにされたものの生き延びたタロとジロにちなんだゴミ箱のようなものもありました。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10398
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン