BLOGTIMES
2017/05/28

船橋港に係留されている初代 SHIRASE (マリンフェスタ2017 in FUNABASHI)

  chiba  船橋港  seaport  AGB-5002 
このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIRASE 5002(元AGB-5002) - 船橋港に係留されている初代 SHIRASE (マリンフェスタ2017 in FUNABASHI)操舵輪 - 船橋港に係留されている初代 SHIRASE (マリンフェスタ2017 in FUNABASHI)
急げスイッチ - 船橋港に係留されている初代 SHIRASE (マリンフェスタ2017 in FUNABASHI)変速標準表 - 船橋港に係留されている初代 SHIRASE (マリンフェスタ2017 in FUNABASHI)

船橋港に係留されてた SHIRASE を見学してきました。

現在、南極観測のために使われている砕氷艦は2代目しらせ(AGB-5003)*1になっていますが、この船はその先代にあたる初代しらせ(AGB-5002)です。初代しらせは退役後にウェザーニューズに引き取られ、艦名も SHIRASE に改められ、船橋港に係留されています。現在の SHIRASE はウェザーニューズが設立した一般財団法人であるWNI気象文化創造センターに移管されて管理が行われているようです。

砕氷艦は南極観測船と呼ばれることもありますが、自衛隊の船なので扉には閉鎖標識が掲げられていたりと、以前に見学した JAMSTEC の調査船船の科学館に展示されていた宗谷(海上保安庁の巡視船)とは趣がだいぶ違いますね。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9368
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン