BLOGTIMES
2019/02/07

SFF-8088 と SFF-8087 を変換するには

  PCパーツ  sas 
このエントリーをはてなブックマークに追加

B Baosity 高速データストレージ ミニSAS 26ピンSFF-8088~ミニSAS 36ピン SFF-8087データアダプタケーブル 全3サイズ - 2MGAOHOU2 Ports Mini SAS SFF-8088を36ピンSFF-8087 PCBAメスアダプタ+ PCIブラケットHM

LSI SAS 9300-8i の内蔵用の miniSAS を外付けケースに使う方法を調べていたら、両端にSFF-8088 と SFF-8087 のコネクタがついたケーブルを見つけたのでメモ。その他に SFF-8088 と SFF-8087 を変換するブラケットも見つけましたが、こちらはブラケットのほかに SFF-8088 と SFF-8087 のケーブルが別途2本必要になるので、ケーブル取り回しの見た目を気にしなければ前者のほうがコスパは優れています。

miniSAS は SATA と違って分かりづらい?

SATA は内蔵用に使われているコネクタと、外付け用のコネクタ(eSATA) は名前が違うので間違えることはありません。
これに対して miniSAS は内部用の SFF-8087 の外部用の SFF-8088 というコネクタの規格の番号で区別するので非常に紛らわしいんですよね。どっちがどっちだかすぐにわからなくなりますし。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10753
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン