BLOGTIMES
2019/05/01

Visual Studio 2019 で scanf() をそのまま使う

  visualstudio  c 
このエントリーをはてなブックマークに追加

C 言語における scanf() は実用上はほぼ意味がない関数ですが、入門書などの例題では依然としてよく使われています。

Visual Studio 2017 の時から scanf() を使うためには scanf_s() を使うか、もしくは セキュリティ開発サイクル(SDL)チェックをオフにする必要があり、SDL の設定についてはプロジェクトを作る時のウィザードで制御することが可能でした。ところが、Visual Studio 2019 になってから SDL のチェックボックスが出なくなってしまったので、忘れないうちに設定の変更のやり方をメモしておきます。

教科書的な例題をそのまま動かしたいときに気をつけるべき点は以下の2点くらいでしょうか。

プロジェクトのプロパティ → 構成プロパティ → C/C++ → 「SDL チェック」を「いいえ(/SDL-)」に変更
 「SDL チェック」を「いいえ(/SDL-)」に - Visual Studio 2019 で scanf() をそのまま使う

プロジェクトのプロパティ → 構成プロパティ → リンカー → システム →「サブシステム」を「コンソール(/SUBSYSTEM:CONSOLE)」に変更
「サブシステム」を「コンソール(/SUBSYSTEM:CONSOLE)」に - Visual Studio 2019 で scanf() をそのまま使う


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10936
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン