BLOGTIMES
2019/05/02

FreePBX の yum がエラーを吐いて動かない

  asterisk 
このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに FreePBX がインストールされているマシンの yum を実行したら、以下のような見慣れないエラーが。

Error: Trying to remove “sangoma-pbx”, which is protected

yum のトラブル対応方法としては定番の --skip-broken などを試してみるも、効果がないので困ってしまいましたが「OS Upgrade Error - Distro Discussion & Help - FreePBX Community Forums」で同じような症状を見つけたので、同じように kmod-forcedeth をダウングレードすることで修正することができました。

具体的には以下のコマンドを実行するだけです。

yum downgrade kmod-forcedeth

FreePBX は基本的にはウェブ画面からメンテナンスが行えますが、こういうときはコンソールからログインしないといけないんですよね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10937
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン