BLOGTIMES
2023/03/26

安物の USB-UART を使おうとしたら PL2303HX だったので・・・

  gps  raspberrypi 
このエントリーをはてなブックマークに追加

RASBEE PL2303HX USB to TTL RS232 モジュール PL2303 ワイヤーアダプタ 変換ケーブル USB シリアル ダウンロードライン UART COM データライン 4ピン Raspberry Pi用 Arduinoと互換 (2個セット)PL2303HXA PHASED OUT SINCE 2012. PLEASE CONTACT YOUR SUPPLIER. - 安物の USB-UART を使おうとしたら PL2303HX だったので・・・

先日、自作したGPS ロガーですが、調子にのって u-center であれこれ設定を変更していたら、うっかり USB の UBX プロトコルを外して設定保存しまうという大失態。

とりあえず UART ポートは死んでいないはず

数万円のモジュールを数日で文鎮化させてしまったかと焦りましたが、とりあえず冷静になってよく考えてみると UART ポートの設定は弄っていないので、このポートからサルベージすることに。UART というのはシリアル通信の一種で、PC などでかつてよく使われていた(今でもスイッチやルータの設定ではよく使われている) RS-232C とは電圧が違うだけで基本的には同じようなものです。

激安の USB-UART ケーブルだったので・・・

USB シリアルケーブルは仕事がら何本も持っているのですが、UART ケーブルなんてないぞ・・・と思いながら仕事場の引き出しをひっくり返してみたら以前、Raspberry Pi を設定するために買っておいた激安の USB-UART 変換ケーブルを発見することができました。

さっそく Windows11 のマシンに刺して動作確認を試みますが、なぜか動作せず。イヤな予感がしてデバイスマネージャーを確認してみると「PL2303HXA PHASED OUT SINCE 2012. PLEASE CONTACT YOUR SUPPLIER.」の文字が。以前も見たとおり、この PL2303 は パチものですね。

とはいえ、他にケーブルはないので今回も「Prolific PL-2303 Driver Solution for Code 10 Error」のお世話になりました。

ピンアサインが書かれていなくてさらにひと苦労

マニュアルが残っていなかったので困りましたが、一応こういうピンアサインのようです。

R: VCC(+5V) K: GND G: TX W: RX

これでなんとか、USB の設定を書き換えてモジュールを再び USB から設定できるようにできました。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/13894
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン