BLOGTIMES
2019/09/18

CentOS 7 で cifs を mout しようとするとエラーが出て困った

  windows  linux 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS 7 をインストールしているマシンの CIFS マウントがいつの間にか外れていたので、syslog を確認してみたら以下のようなメッセージが。

Sep 18 11:22:32 linuxsv kernel: No dialect specified on mount. Default has changed to a more secure dialect, SMB2.1 or later (e.g. SMB3), from CIFS (SMB1). To use the less secure SMB1 dialect to access old servers which do not support SMB3 (or SMB2.1) specify vers=1.0 on mount. Sep 18 11:22:32 linuxsv kernel: CIFS VFS: protocol revalidation - security settings mismatch Sep 18 11:22:32 linuxsv kernel: CIFS VFS: failed to connect to IPC (rc=-5)

サーバは SMB 2.1 に対応しているので、マウントオプションに明示的に vers=2.1 を足したら接続できるようになりました。
現在のデフォルトは 3 になったということなんですかね。。。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11232
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン