BLOGTIMES
2020/02/01

FIDO2 に対応したセキュリティキーを自作する?

  2fa  google 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Nordic nRF52840 MDK USB Dongle - マイクロ開発キット

OpenSK という FIDO2 に対応したセキュリティキーを自作するためのソフトウェアを Google が公開していたのでメモ。
フリーソフトウェアでセキュリティキーを作成するというプロジェクトとしては gnukがありますが、こちらは GPG用 の USB トークンで、エンジニア以外の人にはそれほど使い道がありませんでしたが、こちらはウェブのアクセスに使えるのでいろいろと役立つ機会も多そうです。

プログラムは Nordic Semiconductor の nRF52840 Dongle という機器に書き込みできるようです。ただ、こういう自作の機器は基板がむき出しなので耐久性の問題が一番大きいのが問題なんですよね。

Google、二要素認証向けの独自セキュリティキーを作成できるプラットフォーム「OpenSK」を公開 | OSDN Magazine

OpenSKはMozillaが開発するプログラミング言語Rustと、組み込み向けOS「Tock」を使って実装されているプラットフォーム。2要素認証規格であるFIDO U2FとFIDO2に準拠しており、対応するドングルと組み合わせることで独自の2要素認証システムを構築できる。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11519
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン