BLOGTIMES
2020/11/27

科研費と運営費交付金の合算使用が可能になる?

  grant 
このエントリーをはてなブックマークに追加

科研費と運営費交付金の合算使用ができるようになるようです。

科研費(科学研究費助成事業)は研究者が獲得できる競争的資金として代表的なものですが、他の補助金との合算使用についてはいろいろと条件があり、手続きを誤ると大きな問題になるので、事務方が嫌がる大学も多いと思います。大学の先生が使えるお金としてベースになるのは、大学から配分される研究費(いわゆる校費)で、これと科研費は現在のところ合算して使うことが難しいという問題があります。

これは、大学から配分される研究費に国立大の場合には運営費交付金が、私立の場合は私立大学等経常費補助金が入っているので、補助金同士の合算使用になってしまうという理屈らしいのですが、今回の大臣の発言はこれを緩和するということのようです。私立大学等経常費補助金についても、ちゃんと対象になってくれると嬉しいんですけどね。

内定時期が 2 ヶ月前倒しになるのはいいですが、審査委員はかなり大変らしいので、合わせて計画書の提出の締切りも早くなるかもしれないですね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12131
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン