BLOGTIMES
2007/11/17

Subclipseとtracの連携

  trac  SourceControlManagement  integration 
このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくtracを使い始めたので、Subversionと連携させてみることにします。

ソフト/Bug Tracking/trac/TortoiseSVNやSubclipseとチケットを連動 - discypus

ディレクトリのSVNプロパティにTracのURLなどを設定すると、 TortoiseSVNやSubclipseでコミットのログメッセージを表示したとき、 Tracの該当チケットにリンクされる。

上記のページに従って、リポジトリの一番上のディレクトリに下記のpropを追加しました。

bugtraq:url http://example.com/trac/(project)/ticket/%BUGID% bugtraq:label Ticket ID bugtraq:message (#%BUGID%) bugtraq:warnifnoissue true

propの追加もEclipseでやってみましたが、Eclipseでも特に問題はなさそうです。ちゃんとコミット時にTicketIDの入力を求められるようになりました。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/2284
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン