BLOGTIMES
2007/11/27

Puttyの設定のエクスポートする

  Tips PuTTY  migration 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Puttyのトンネルの設定がかなりエグいことになってしまっているので、別マシンに設定を移行すると大変だなぁとは思っていたんですが、実際に移行をしなければならないことになってしまいました。ということで、ごっそりと設定を別マシンに移行する方法を調べてみました。

どうやらPuttyは設定をファイルではなく全てレジストリに書き込むようになっているようです。保存されたセッションについては下記に入っているのでこの部分をエクスポートして、移行先にインポートすればセッションの情報をごっそりと移動することができます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\SimonTatham\PuTTY\Sessions\(保存した名前)

一撃でバックアップしたい場合には

下記のコマンドを利用するとデスクトップに一撃でバックアップがとれます。

reg export HKEY_CURRENT_USER\Software\SimonTatham\PuTTY\Sessions "%USERPROFILE%\デスクトップ\putty_settings.reg"

cmd.exeから起動するなり、ファイル名を指定して実行するからでもOKです。成功すればデスクトップにputty_settings.regというレジストリのファイルができているはずです。

2014/05/17 追記

設定を ini に移行する方法についてまとめました。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/2300
    Trackbacks
    毎度の事ながら、PCのハードディスククラッシュを1年に1回のペースでやってしまっているため、使用するソフトウェアの設定でめんどくさいのなんのって・・・SSH設定も1,2個ならまだいいですが、数十個になってくるともう一個一個手打ちなんてしたくなくなりますよね。 puttyは、レジストリに設定がまとまっているので、設定を変更した際にregeditで部分的にエクスポートしておくと新しいPCにインストールした際にregeditでイ...
    いつもパソコンの前 (2011/05/28 15:03)
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン