BLOGTIMES
2010/02/21

Thunderbirdの移行 (Windows7編)

  thunderbird  windows7 
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前Thunderbirdの移行したときのメモを参考にThunderbirdのプロファイルをコピーしようと思ったら、メモしてあるディレクトリがなくてちょっと戸惑ってしまったので改めてメモを残しておきます。結論から述べるとThunderbirdのProfileはWindowsのバージョンに関係なく下記にあります

%APPDATA%\Thunderbird\Profiles\

具体的にはVistaやWindows7では下記の場所にあることが多いようです。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\

ファイルの場所は実は変化していなかった

XPの時とは場所が変わっているように見えますが、これは"%APPDATA%"の値がWindows7(Vista)とXPで"%USERPROFILE%\Application Data"から、"%USERPROFILE%\AppData\Roaming"に変更されていることが原因のようです。MSのTechnetにも下記のような記述があります。

Managing Roaming User Data Deployment Guide

Windows uses the Roaming folder for application specific data, such as custom dictionaries, which are machine independent and should roam with the user profile. The AppData\Roaming folder in Windows Vista is the same as the Documents and Settings\username\Application Data folder in Windows XP.

環境変数の内容はバージョンが変わると変更されることがあるので、パスを直にメモっておく方法は良くありませんね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/3435
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン