BLOGTIMES
2011/10/18

ESXi 5 でホストに接続した USB デバイスを使う

  esxi  tutorial 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ESX 4.1 くらいから USB デバイスをパススルーで使うことができることは知っていたのですが、今回初めて使ってみたのでメモ。
マニュアルで言うと下記の部分をやってみたということになります。

ESXi ホストから仮想マシンへの USB 構成 - vSphere 5 Documentation Center

物理デバイスが ESXi ホストに接続されている場合は、複数の USB デバイスを仮想マシンに追加できます。USB パススルー テクノロジーにより、セキュリティ ドングルや大容量ストレージ デバイスなどの USB デバイスを、その接続先のホストに存在する仮想マシンに追加することができます。

以下、設定メモ。

設定手順

基本的にはデバイスの追加で、「USB コントローラー」「USB デバイス」の順に追加します。
最初、「USB デバイス」を追加しようとしたら項目がないので、VMの設定が悪いのかと考えてハマってしまいましたが、「USB コントローラー」を追加が終わると「USB デバイス」という項目が出てきます

「USB コントローラー」追加後のマシンのプロパティはこんな感じになっているはずです。
「追加...」をクリックして、デバイスを追加します。
仮想マシンのプロパティ(追加後) - ESXi 5 でホストに接続した USB デバイスを使う

デバイスタイプの選択になるので、「USB デバイス」を選択して、「次へ」を押します。
デバイスタイプの選択 - ESXi 5 でホストに接続した USB デバイスを使う

ホストに接続されているデバイスの一覧から、VMに追加したいデバイスを選択して「次へ」を押します。
USBデバイスの選択 - ESXi 5 でホストに接続した USB デバイスを使う

確認が出るので「終了」を押します。
終了準備の完了 - ESXi 5 でホストに接続した USB デバイスを使う

デバイスが追加されているので最後に「OK」を押せば、クライアントからデバイスが認識できます。
仮想マシンのプロパティ(追加後) - ESXi 5 でホストに接続した USB デバイスを使う

ちなみにこの作業は電源を切る必要はありません。
電源がOnの場合にはそのままVMでデバイスが認識されて使えるようになります。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/4514
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン