BLOGTIMES
2011/10/18

ghettoVCB.sh で ESXi 上の VM のホットバックアップを取る

  esxi 
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前にESXiでVMのホットバックアップをとるスクリプトということで、ごく簡単なスクリプトを書いてバックアップを実行していたのですが、もうちょっとちゃんとした ghettoVCB.sh というバックアップスクリプトを見つけたのでセットアップしてみました。全然こちらの方が良くできています

VMware Communities: ghettoVCB.sh - Free alternative for backing up VM's for ESX(i) 3.5, 4.x+ & 5.x - Updated 06/28/2011

This script has been tested on ESX 3.5/4.x/5.x and ESXi 3.5/4.x/5.x and supports the following backup mediums: LOCAL STORAGE, SAN and NFS. The script is non-interactive and can be setup to run via cron. Currently, this script accepts a text file that lists the display names of virtual machine(s) that are to be backed up. Additionally, one can specify a folder containing configuration files on a per VM basis for granular control over backup policies.

使い方としては、GitHubのghettoVCBから、tar.gz ファイルをダウンロードして、適当な場所に展開しておきます。単純にフルにバックアップが欲しいという場合には、スクリプトの書き換えが必要なのはバックアップ先を指定する VM_BACKUP_VOLUME の部分と、世代数を指定する VM_BACKUP_ROTATION_COUNT くらいでしょうか。

# diff ghettoVCB.sh.org ghettoVCB.sh --- ghettoVCB.sh.org Fri Jul 29 12:55:06 2011 +++ ghettoVCB.sh Tue Oct 18 07:26:24 2011 @@ -5,7 +5,7 @@ ################################################################## # directory that all VM backups should go (e.g. /vmfs/volumes/SAN_LUN1/mybackupdir) -VM_BACKUP_VOLUME=/vmfs/volumes/dlgCore-NFS-bigboi.VM-Backups/WILLIAM_BACKUPS +VM_BACKUP_VOLUME=/vmfs/volumes/datastore2 # Format output of VMDK backup # zeroedthick @@ -15,7 +15,7 @@ DISK_BACKUP_FORMAT=thin # Number of backups for a given VM before deleting -VM_BACKUP_ROTATION_COUNT=3 +VM_BACKUP_ROTATION_COUNT=2 # Shutdown guestOS prior to running backups and power them back on afterwards # This feature assumes VMware Tools are installed, else they will not power down and loop forever

スクリプトの書き換えが終わったら、下記のような感じで起動させると、簡単にフルバックアップが取れます。

# ./ghettoVCB.sh -a -l log.txt

スナップショットに注意

ちなみにスナップショットがあると下記のようなエラーを吐いてバックアップに失敗するようなので、スナップショットはあらかじめ削除しておきましょう。

2011-10-25 02:31:00 -- info: Snapshot found for ##VMNAME##, backup will not take place

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/4515
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン