BLOGTIMES
2012/01/11

うるう秒がなくなるかも

  ntp 
このエントリーをはてなブックマークに追加

原子時計と地球自転の差が広がらないようにするために挿入されていた閏秒ですが、コンピューターの処理的にはあまりうれしくないと言うことで削除される方向で話が進んでいるようです。

asahi.com(朝日新聞社):消える?「うるう秒」 自転とのズレ、帳尻合わせ40年 - サイエンス

ジュネーブで16日から開かれる国際会議で「うるう秒」の廃止が決まるかもしれない。極めて正確な原子時計で定義される時刻と、少しずつ遅くなる地球の自転で決まる時刻との帳尻を合わせるため、数年に一度、挿入される「1秒」。廃止されれば時刻が生活感とずれてくる可能性があるが、情報化に伴うリスクを理由に、廃止派が存続派を上回る勢いだ。

普通のPCは時刻を変更したりしてもそんなに問題なかったりするのであまり危ないように見えないかもしれませんが、DBMSによっては不用意に時刻を変更すると不整合が生じたりするものもあるんですよね。ただ、長期的に見れば時刻と昼夜の関係がずれてきたりするわけで、そのあたりはどうするんでしょうね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/4701
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン