BLOGTIMES
2013/03/07

WebベースのIDE Eclipse Orion 2.0 がリリースに

  webide 
このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前から注目している Eclipse Orion のバージョン 2.0 がリリースになっていたのでメモ。
まだ IDE としては未成熟ですが、着々と機能が実装されていってるようです。

Webブラウザ上で動作するIDE「Eclipse Orion 2.0」リリース、Node.js上での運用が可能に - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

Orion 2.0での大きな変更点としては、Node.js上で動作するOrion「Orionode」が追加された点が挙げられる。OrionodeはNode.jsのパッケージマネージャ「npm」でインストールでき、簡単にデプロイして実行できる。また、プロジェクト機能のプロトタイプも実装された。プロジェクト機能では現在SFTPを使ってプロジェクトの管理を行う機能や一部のタスク、フォルダの操作などのみが実装されている。プロジェクト機能では今後ワークフローとレポジトリの統合といった機能を実装する予定で、コードをOrionツールにインポートしたり、Orionから外部にあるターゲット環境に実装するなどを実現できるようにする。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5631
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン