BLOGTIMES
2013/03/21

偕楽園 好文亭

  ibaraki  gardens 
このエントリーをはてなブックマークに追加

入り口 - 偕楽園 好文亭菊の間 - 偕楽園 好文亭
桃の間 - 偕楽園 好文亭つつじの間 - 偕楽園 好文亭
紅葉の間 - 偕楽園 好文亭梅の間 - 偕楽園 好文亭
萩の間 - 偕楽園 好文亭桜の間 - 偕楽園 好文亭
東塗縁広間 外側 - 偕楽園 好文亭楽寿楼(3階)からの眺め - 偕楽園 好文亭

偕楽園のほとんどのエリアは無料で見ることができますが、丘の上にある好文亭の部分は入館料が必要でした。部屋ごとに描かれたふすまの絵が見事で、とても見応えがあります

好文亭

徳川斉昭公により、偕楽園内に休憩所として建てられたもので、素剛優雅な外観は水戸武士の風格がただよう建築です。この名は梅の異名「好文木」に由来し、その三階の楽寿楼からの眺望は見事です。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5670
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン