BLOGTIMES
2014/02/06

tdbsam へのユーザー追加とパスワード変更方法

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の Samba はユーザーのデータベースとして tdbsam を使うのがデフォルト*1になっていますが、この場合のユーザー追加とパスワード変更の方法をいつも忘れるのでメモ。
アカウントの操作は pdbedit コマンドを使いますが、パスワードの変更だけは smbpasswd コマンドなのでややこしいですね。

pdbedit -a -u hogeuser # hogeuser の追加(これを行う前にLinux側で、adduser しておく必要あり) pdbedit -u hogeuser -v # hogeuser のアカウント情報の表示 smbpasswd -U hogeuser # hogeuser のパスワード変更
  • *1: smb.conf に "passdb backend = tdbsam" という行があるはずです。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6477
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン