BLOGTIMES
2014/04/21

「撮り鉄」ならぬ「盗り鉄」が問題に

  railways 
このエントリーをはてなブックマークに追加

撮り鉄」と呼ばれる、鉄道撮影をメインとするする鉄道ファンのマナーがたびたび問題になっていましたが、「盗り鉄」という新たな問題が発生しているようです。駅名板などを勝手に持っていって、オークションなどで売り飛ばしているので、こちらはマナーというレベルではなく立派な犯罪です。廃線は静かに楽しみたいものですね。

「盗り鉄」被害次々…廃線控え、駅名板など売買 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

5月11日の営業運転を最後に廃線となるJR江差線の木古内―江差間で、駅名板などの窃盗被害が相次いでいる。
鉄道ファンの間では廃止駅の鉄道備品は高額で取引されており、昨年6月には盗んだ駅名板をインターネットオークションで販売した男が逮捕された。「盗(と)り鉄」と、苦言が呈せられている一部の鉄道ファンの悪行に、関係者は神経をとがらせている。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6667
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン