BLOGTIMES
2014/05/25

免許証の IC チップに埋め込まれているデータを自宅で確認するには

  npa  smartcard 
このエントリーをはてなブックマークに追加

運転免許証Viewer - 免許証の IC チップに埋め込まれているデータを自宅で確認するには

運転免許証には本籍などが格納された IC チップが埋め込まれているので、免許の取得や更新のときには2つの PIN (暗証番号)を決める必要があり、更新後に試験場の機械で内容を確認させられます。

この機能は実生活ではほとんど活用されておらず、暗証番号を忘れてしまっている人も多いのではないかと思います。先日もこの機能が活用されていないので、税金の無駄だと話題になりました*1

この IC チップの情報は Sony の PaSoRi などの非接触型の IC カードリーダー持ってさえいれば、家でも読み出せたりするのかなと思って調べてみたら、読み取り用のアプリが公開している会社を見つけました。警察庁からもちゃんと仕様が公開されています*2が、これを読むと意外と標準的な規格に準拠してるんですね。

ちなみにこのリーダーを利用したとしても、PIN (暗証番号)を連続して3回間違えると IC カードがロックされるので注意が必要です。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6746
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン