BLOGTIMES
2014/05/26

CentOS 6 に MySQL 5.6 を yum で入れる

  centos6  mysql  rhel 
このエントリーをはてなブックマークに追加

MySQL は yum でもインストールできますが、CentOS の場合にはちょっとバージョンが古いので、いつもオフィシャルのバイナリ版を入れるかどうかで迷うのですが、少し前に MySQL について調べものをしていて、RHEL や Fedora 用の yum リポジトリ*1があることが判明。ずっとインストール作業をしてみたかったのですが、やっとその機会がまわってきました。

MySQL :: MySQL 5.6 Reference Manual :: 2.5.1 Installing MySQL on Linux Using the MySQL Yum Repository

MySQL provides a Yum-style software repository for the following Linux platforms:
  • EL5, EL6, and EL7-based platforms (for example, the relevant versions of Red Hat Enterprise Linux, Oracle Linux, and CentOS)
  • Fedora 19 and 20

リポジトリは mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm という rpm になっているので、これをインストールしてから、mysql-server をインストールします。
コマンドだと本当に3行だけなので楽ちんです。

wget https://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm rpm -i mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm yum install mysql-server

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6747
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン