BLOGTIMES
2014/11/26

VM が接続されているポートグループをコマンドラインから変更する

  esxi  networking 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ESXi 上の VM が接続されているポートグループを vSphere Client を使わずに変更する方法が分かったのでメモ。

vSphere Client からは VM の電源が On の状態でも、構成変更でポートグループを変更してやればリアルタイムに変更が反映されるので、なにか良いコマンドがあるのだろうと軽く考えていたのですが、残念ながらやり方を見つけるに至りませんでした。仕方がないので、VM の定義が書かれている .vmx ファイルの変更を試みます。ESXi は .vmx ファイルを起動時にしか読み込まないようなので、VM の電源を Off → .vmx 編集 → VM の電源を On という流れです。

まず、当該の VM の電源を切ります。

vim-cmd vmsvc/getallvms # VM の一覧で VM の ID を確認 vim-cmd vmsvc/power.shutdown (VMのID) # VM のシャットダウンを実行(VMWare Tools がインストールされていれば、ノーマルシャットダウンになるはず) vim-cmd vmsvc/power.getstate (VMのID) # 本当に電源が切れたか確認

次に .vmx を変更します。通常は /vmfs/volumes/(データストア名)/(VM名)/(VM名).vmx にファイルが置いてあるはずなので、これをエディタで開きます。書き換えるのは以下のような ethernet# (#は数字) の部分のポートグループ名の部分です。

ethernet#.networkName = "(ポートグループ名)"

最後に VM の電源を入れてやれば接続が変更されているはずです。

vim-cmd vmsvc/power.on (VMのID)

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7216
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン