BLOGTIMES
2015/03/14

CentOS7 で EPEL/ELRepo/Remi/RPMForge を使う

  centos7  systemmanagemant 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS 7 で標準にないアプリを yum でインストールしたいという場合に検討対象になる追加リポジトリは EPELELRepoRemiRepoForge(RPMForge) あたりでしょうか。

それぞれリポジトリを使うためには GPG Key とリポジトリの定義をインストールする必要があるのですが、いつも忘れるのでまとめてメモしておきます。

# EPEL rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-7 rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm # ELRepo rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org rpm -ivh http://www.elrepo.org/elrepo-release-7.0-2.el7.elrepo.noarch.rpm # Remi rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm # RPMForge rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el7/en/x86_64/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.3-1.el7.rf.x86_64.rpm

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7467
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン