BLOGTIMES
2015/05/30

これからは VMware Tools ではなく open-vm-tools を

  esxi  centos7  centos6 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ESXi 上に新しく Linux の VM を作成していたのですが、VMWare Tools をインストールしようと思っていろいろ調べていたら、VMWare のポリシーが変わっていて今後は open-vm-tools を使うことが推奨されているような記述を見つけました。ESXi に付属の VMWare Tools はバージョンアップの度にうまくインストールできなかったりといろいろ面倒なことが起きるので、OS ベンダー側で何とかして欲しいということなんでしょうかね。

VMware KB: VMware による open-vm-tools のサポート

  • VMware では、オペレーティング システム ベンダーが再配布する open-vm-tools を使用することを推奨しています。
  • VMware は、オペレーティング システムによって再配布される open-vm-tools を含む仮想マシンを完全にサポートしており、それは OS ベンダーや OS コミュニティと協力して行われます。ただし、オペレーティング システム リリースは、オンラインの『VMware Compatibility Guide』で特定の VMware 製品で認定されたものとして公開されている必要があります。

RHEL 7, CentOS 7 系の場合

yum からインストールできるようになっています。

yum install open-vm-tools -y systemctl enable vmtoolsd.service systemctl start vmtoolsd.service

RHEL 6, CentOS 6 系の場合

yum を使って epel から導入します。

rpm --import http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6 rpm -ivh http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm yum install open-vm-tools -y service vmtoolsd start

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7644
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン