BLOGTIMES
2015/06/22

早稲田大学で標的型攻撃により情報流出

  malware  informationleakage 
このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田大学が標的型攻撃メールによるマルウェア感染により、個人情報が流出したということがニュースになっています。
大学からの公式なリリースは下記の通りです。

最近、だいぶこういう事件が多くなって来ましたね。セキュリティ会社の株を買っておきたくなります。

早稲田大学に標的型攻撃--3300人の個人情報が流出 - CNET Japan

調査の結果、2014年12月11日に早稲田大学へ送付された医療費通知を装う標的型攻撃のメールの添付ファイルを開封したことにより、職員が使用していた事務用PCがマルウェアに感染。2014年12月17日に同じPCを経由し、管理サーバの設定ファイルに残されていた管理用パスワードが盗まれたことにより、他の事務用PC数台にマルウェアを埋め込まれ、感染した。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7711
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン