BLOGTIMES
2015/11/02

タスクスケジューラーからタスクが削除できなくなったときは

  windows 
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ふとした拍子にこのタスクスケジューラーのある項目が削除できなくなってしまって困ったので対応方法をメモ。
タスクスケジューラーは Unix / Linux で言うところの cron 的なサービスで、定期的にタスクを実行したい時に使うものです。

普段は GUI からしか設定しないので気づきませんでしたが、実は以下のフォルダに定義ファイルが置かれていて、GUI はこの定義ファイルのエディタになっています。というわけで、ここにあるファイルを削除すれば、タスクスケジューラーの項目を強制的に削除することができます。

%SYSTEMDRIVE%\Windows\System32\Tasks

これを応用すれば簡単にタスクの定義をバックアップ/リストアすることができるようになりますね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8015
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン