BLOGTIMES
2015/11/09

dd するだけですぐ使える FreeDOS のイメージファイル

  systemmanagemant  cli  msdos 
このエントリーをはてなブックマークに追加

DOS のブータブルな USB を作成したい時には Rufus のようなツールを使う手もありますが、ファイルシステム等によっては上手く起動できないことがあります。そんなときに役立つのがイメージファイルを直接 USB に焼き込んでしまうという方法。

やり方は以下からイメージファイルをダウンロードして DD for Windows などを使って USB に焼き込むだけ。このやり方の欠点としてはイメージが 30MB、256MB, 2GB からしか選べないので USB メモリの容量が最大に使えないことですが、FreeDOS が使いたいというのは一時期的なものでしょうから大きな問題にはならないと思います。

FreeDOS prebuilt bootable USB flash drive image | chtaube.eu

Here you can download a prebuilt bootable FreeDOS image file for use on an USB flash drive.
The image file is available in different sizes. Each has an FAT 16 filesystem which can be mounted and written to by nearly any operating system. This way you can put additional files onto the stick after you have written the image. The 256MB and 2048MB images differ only in free space.

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8037
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン