BLOGTIMES
2016/01/02

CentOS 5 で GCC 4.8 を使う

  centos5 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS 標準の GCC はとにかく古く、c++0x や c++11 が必要な場合*1にはコンパイルが通らないこともあります。
というわけで、yum でお手軽にできる gcc のバージョンアップを試してみました。

CentOS 5 の標準の gcc を確認してみると、なんと 4.1.2

# gcc --version gcc (GCC) 4.1.2 20080704 (Red Hat 4.1.2-55) Copyright (C) 2006 Free Software Foundation, Inc. This is free software; see the source for copying conditions. There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

CentOS 6 向けの「CentOS 6.5にGCC 4.8.2をレポジトリで入れてみた - 以下省略!」は CentOS 5 にも適用可能なので、以下のように yum に新しいリポジトリを追加し、gcc をインストールしてやります。

wget http://people.centos.org/tru/devtools-2/devtools-2.repo -O /etc/yum.repos.d/devtools-2.repo yum install -y devtoolset-2-gcc devtoolset-2-binutils devtoolset-2-gcc-c++ devtoolset-2-gcc-gfortran

あとは scl を使って gcc を切り替えてやると、無事 4.8.2 になりました。

# scl enable devtoolset-2 bash # gcc --version gcc (GCC) 4.8.2 20140120 (Red Hat 4.8.2-15) Copyright (C) 2013 Free Software Foundation, Inc. This is free software; see the source for copying conditions. There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8170
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン