BLOGTIMES
2016/07/25

CentOS7 の nmcli で MTU を変更する

  networking  centos7 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS 7 のマシンでジャンボフレーム ( MTU = 9000 ) が扱いたかったのですが、CentOS 7 らしく nmcli でやる方法を調べてみました
乱暴にやるならば /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-*MTU=9000 という行を追加するだけなんですが、ちゃんとしたやり方に少しずつ移行しないといけませんからね。

# MTU の変更 nmcli connection modify (インターフェース名) 802-3.mtu 9000 # 設定の反映 systemctl restart NetworkManager

参考


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8648
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン