BLOGTIMES
2016/10/03

CentOS 7 に gcc 5.2 を一撃でインストールする

  centos7  cpp 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS で新しい gcc を使いたかったので devtoolset-4 をインストールしてみました。
以前は yum.repos.d をごにょごにょする必要がありましたが、CentOS 7 は SCL*1を使えば一撃でインストールできるようになったようです。

yum install -y centos-release-scl centos-release-scl-rh yum install -y devtoolset-4-gcc devtoolset-4-gcc-c++ devtoolset-4-binutils

インストールが終わったら scl コマンドで有効化する必要があります。

[hsur@dev ~]$ scl enable devtoolset-4 bash [hsur@dev ~]$ gcc -v Using built-in specs. COLLECT_GCC=gcc COLLECT_LTO_WRAPPER=/opt/rh/devtoolset-4/root/usr/libexec/gcc/x86_64-redhat-linux/5.2.1/lto-wrapper Target: x86_64-redhat-linux Configured with: ../configure --enable-bootstrap --enable-languages=c,c++,fortran,lto --prefix=/opt/rh/devtoolset-4/root/usr --mandir=/opt/rh/devtoolset-4/root/usr/share/man --infodir=/opt/rh/devtoolset-4/root/usr/share/info --with-bugurl=http://bugzilla.redhat.com/bugzilla --enable-shared --enable-threads=posix --enable-checking=release --enable-multilib --with-system-zlib --enable-__cxa_atexit --disable-libunwind-exceptions --enable-gnu-unique-object --enable-linker-build-id --enable-plugin --with-linker-hash-style=gnu --enable-initfini-array --disable-libgcj --with-default-libstdcxx-abi=gcc4-compatible --with-isl=/builddir/build/BUILD/gcc-5.2.1-20150902/obj-x86_64-redhat-linux/isl-install --enable-libmpx --enable-gnu-indirect-function --with-tune=generic --with-arch_32=i686 --build=x86_64-redhat-linux Thread model: posix gcc version 5.2.1 20150902 (Red Hat 5.2.1-2) (GCC)

コマンドを忘れてハマらないように「Red Hat Software Collection を再起動またはログアウト後も持続させる - Red Hat Customer Portal」あたりを参考にスクリプトを仕込んでおくと良いかもしれません。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8824
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン