BLOGTIMES
2016/10/04

科研費申請の時期なので・・・

  grant 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時期、国内の研究者は科研費の研究計画調書を書いていると思います。
僕も今年は落選組だったので、例に漏れず一生懸命書いている一人なのですが、なかなかリソースを取られる作業なんですよね。

研究費のあり方については、今年のノーベル医学生理学賞を受賞した東工大の大隅先生がいろいろ述べられているのですが、こういうところがなかなか国になかなか聞き入れられないのは残念なところです。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8825
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン