BLOGTIMES
2017/03/31

Redmine をサブディレクトリにインストールする

  redmine 
このエントリーをはてなブックマークに追加

サブディレクトリに Redmine をインストールしようとしたらやり方をすっかり忘れていて難儀したのでメモ。

基本的には「HowTo Install Redmine in a sub-URI - Redmine」を参考にすれば良いのですが、Apache + unicorn という構成の場合には大きく分けてポイントは以下の2点になります。

conf/environment.rb の編集

今回は /redmine にインストールしたいので、conf/environment.rb を以下のように編集してやります。

diff -u environment.rb{.org,}

--- environment.rb.org 2017-03-31 18:33:54.471048921 +0900 +++ environment.rb 2017-03-31 22:37:09.496674659 +0900 @@ -10,5 +10,7 @@ exit 1 end +RedmineApp::Application.routes.default_scope = { :path => '/redmine', :shallow_path => '/redmine' } # Initialize the Rails application Rails.application.initialize! +Redmine::Utils::relative_url_root = "/redmine"

Apache 側の設定

public 以下のファイルがそのままでは 404 になってしまうので、以下のようにシンボリックリンクを張ってやります。

cd public ln -s . redmine

apache 側の設定ファイルはこんな感じ。
/var/lib/redmine の部分はインストールしたパスに合せて読み替えてください。

/etc/httpd/conf.d/redmine.conf

<VirtualHost *:80> DocumentRoot /var/lib/redmine/public <Directory /> Options FollowSymLinks AllowOverride None </Directory> LogLevel warn RewriteEngine on RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d RewriteRule ^/redmine(.*) http://127.0.0.1:1080/redmine$1 [P,L] ProxyPassReverse /redmine http://127.0.0.1:1080/redmine/ </VirtualHost>

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9244
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン