BLOGTIMES
2017/08/31

パーキンソン病への iPS 細胞移植、治験に一歩前進

  parkinsonsdisease  medical  paper 
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都大学iPS細胞研究所がパーキンソン病への iPS 細胞移植についての研究成果を発表していたのでメモ。

今回の実験はカニクイザルに対するものですが、有効性と安全性が確認できたようなので、人への治験に向けて一歩前進したようです。
身近なところにパーキンソン病の人がいるので、なんとか治療が実用化されると良いんですけどね。。。。

パーキンソン病霊長類モデルにおけるヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の移植の有効性と安全性の確認|ニュース|ニュース・イベント|CiRA(サイラ) | 京都大学 iPS細胞研究所

本研究で得られた結果は、ヒトiPS細胞由来のドパミン神経前駆細胞をパーキンソン病患者に移植する治療法が有効かつ安全である可能性を示しています。

Nature に掲載された原文はこれみたいです。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9577
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン