BLOGTIMES
2018/03/17

サポートの切れた CentOS 5 で yum を使うには

  eol  centos5 
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在も稼働している CentOS 5 系のマシンで yum を実行しようとするとエラーになります。
これはサポートが 2017 年 3 月 31 日で終了しているため、リポジトリが既にミラーサーバーから削除されているためです。

このようなマシンについては速やかにアップデートする必要があることは言うまでもありません
ただ、今回は移行のためにいろいろソフトウェアを追加したかったので、リポジトリの定義を vault.centos.org に無理やり書き換えて問題を回避してみました。

実際の手順

/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo を以下に従って書き換えるだけです。

# diff -Bw -u CentOS-Base.repo{.bak,}

--- CentOS-Base.repo.bak 2014-09-20 02:16:01.000000000 +0900 +++ CentOS-Base.repo 2018-03-15 20:56:32.000000000 +0900 @@ -12,32 +12,28 @@ [base] name=CentOS-$releasever - Base -mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os -#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/ +baseurl=http://vault.centos.org/5.11/os/$basearch/ gpgcheck=1 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5 #released updates [updates] name=CentOS-$releasever - Updates -mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates -#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/ +baseurl=http://vault.centos.org/5.11/updates/$basearch/ gpgcheck=1 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5 #additional packages that may be useful [extras] name=CentOS-$releasever - Extras -mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras -#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/ +baseurl=http://vault.centos.org/5.11/extras/$basearch/ gpgcheck=1 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5 #additional packages that extend functionality of existing packages [centosplus] name=CentOS-$releasever - Plus -mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplus -#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/centosplus/$basearch/ +baseurl=http://vault.centos.org/5.11/centosplus/$basearch/ gpgcheck=1 enabled=0 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5 @@ -45,8 +41,7 @@ #contrib - packages by Centos Users [contrib] name=CentOS-$releasever - Contrib -mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=contrib -#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/contrib/$basearch/ +baseurl=http://vault.centos.org/5.11/contrib/$basearch/ gpgcheck=1 enabled=0 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

これを実行すると yum は使えるようになりますが、内容はあくまでも 2017 年 3 月 31 日時点のものなので、このまま運用することは当然のことながらオススメできません。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10044
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン