BLOGTIMES
2020/07/20

1000 年後にもコードだけは残っている?

  github  webarchive 
このエントリーをはてなブックマークに追加

GitHub が public リポジトリのソースコードを北極圏の地下に保管するプロジェクトGitHub Archive Program」をスタートさせたようなのでメモ。

地球が滅びてもコードは残るみたいな、なんとも SF チックな話ですが、日々変わり続ける OSS の歴史の記録としては面白いかもしれません。

1000年後までコード保存「GitHub Arctic Code Vault」北極圏地下への全公開リポジトリ保管を実行 - Engadget 日本版

プログラムコード共有サイトGitHubが7月8日、パブリックリポジトリにあるオープンソースのコードすべてを北極圏の地下に保管する作業を実行しました。これは現在あるコードを少なくとも1000年は保管しようという「GitHub Arctic Code Vault」プロジェクトの一環。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11861
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン