BLOGTIMES
2020/07/20

wsdd で Samba サーバを Explorer に表示する

  windows10  linux 
このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティ問題で SMBv1 は最近の Windows ではデフォルトで無効化されています。

特にそれで困ることはないと思っていたのですが、NetBIOS discovery が無効化されることによって Explorer のネットワーク上に自動的にファイルサーバが表示されないという問題が生じるようです。最近、ネットワークに NAS などが表示されなくなったなぁと思っていましたが、これは F/W 等の設定ではなくて NetBIOS discovery だったようです。

これを NetBIOS に頼らずに解決するのが以下の wsdd というソフトウェア。
設定もあまり難しくないですし、CentOS などでは dnf install wsdd でインストールできます。

christgau/wsdd: A Web Service Discovery host daemon.

wsdd implements a Web Service Discovery host daemon. This enables (Samba) hosts, like your local NAS device, to be found by Web Service Discovery Clients like Windows.

wsdd の WSD って Web Service Discovery なんですね。
WS-Discovery って SOAP とかウェブサービスという言葉が流行った 2000 年代初め頃は良く目にしましたが、久しぶりに見た気がします。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11862
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン