BLOGTIMES
2020/02/26

Monitorix でお手軽負荷監視

  centos7  systemmanagemant 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Monitorix - Monitorix でお手軽負荷監視

サーバに Monitorix を導入して、お手軽負荷監視を始めてみました。以前は MRTG や Cacti でやっていたサーバの定常的な負荷監視ですが、VPS に乗り換えてからは SNMP とかの設定が面倒になってしまって、設定していなかったんですよね。

Monitorix :: a free, open source, lightweight system monitoring tool

Monitorix is a free, open source, lightweight system monitoring tool designed to monitor as many services and system resources as possible. It has been created to be used under production Linux/UNIX servers, but due to its simplicity and small size can be used on embedded devices as well.

インストール

インストールは EPEL が有効化されていれば、以下のコマンドで必要なものは一撃で入ります。

yum -y install monitorix

設定

設定ファイルは /etc/monitorix/monitorix.conf にあるので、これを書き換えてからデーモンを起動します。

# 設定ファイルのバックアップ  cp -a /etc/monitorix/monitorix.conf{,.bak} # 設定ファイルの書き換え sed -i "s/hostname =/hostname = `hostname`/" /etc/monitorix/monitorix.conf sed -i -E "s/title = .*/title = `hostname` Monitorix/" /etc/monitorix/monitorix.conf sed -i "s/hosts_deny =/hosts_deny = all/" /etc/monitorix/monitorix.conf sed -i "s/hosts_allow =/hosts_allow = 127.0.0.1\/8/" /etc/monitorix/monitorix.conf sed -i "s/netstats_in_bps = n/netstats_in_bps = y/" /etc/monitorix/monitorix.conf sed -i "s/theme_color = black/theme_color = white/" /etc/monitorix/monitorix.conf sed -i -E "s/base_cgi.*/&\nurl_prefix_proxy = \/\/`hostname`/" /etc/monitorix/monitorix.conf # monitorix の起動と有効化 systemctl start monitorix systemctl enable monitorix

デーモンはポート 8080 で起動し、特に認証等もないので、不用意に外部に公開しないように注意が必要です。今回は Apache をリバースプロキシにして、Apache 側でアクセス制限をかけるので Monitorix には url_prefix_proxy を設定し、hosts_allow は 127.0.0.1/8 からのみのアクセスを許可するようにしてみました。

以下の設定例では Apache 側では IP 縛りしか設定していませんが、さらに設定を追加すれば、例えば Basic 認証などを併用することもできます。

<Location /> <RequireAny> Require ip 192.168. Require ip 172. <RequireAny> RewriteEngine On RewriteRule ^monitorix(.*) http://localhost:8080/monitorix$1 [P,L,QSA] </Location>

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11574
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン