BLOGTIMES
2018/06/03

Ruby 2.6 から JIT コンパイルが可能に

  ruby 
このエントリーをはてなブックマークに追加

JIT コンパイラが搭載された Ruby 2.6.0 の Preview 版が公開されました。

Java やその他の言語と違って、C 言語のソースコードを生成してコンパイルする方法を取るようです。
ちょっとどんな感じで動作するのか気になりますね。

[ruby-dev:50555] Ruby 2.6.0-preview2 Released

Ruby 2.6ではJIT (Just-in-time) コンパイラが導入されました。 JITコンパイラはあらゆるRubyプログラムの実行を高速化することを目的としています。 他言語の一般的なJITコンパイラと異なり、RubyのJITコンパイラはC言語のソースコードをファイルとしてディスクに書き、通常のCコンパイラを用いてネイティブコードに変換することでJITコンパイルを行うという手法を用いています。(参考: https://github.com/vnmakarov/ruby/tree/rtl_mjit_branch#mjit-organization)


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10215
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン