BLOGTIMES
2019/02/27

ChromeDriver を使って Chrome を headless で動かす

  python  chrome  selenium 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ChromeDriver を使って Chrome を headless で動かす方法を調べてみたのでメモ。

Python のインストール

今回は Python で Chorme を制御するので、Python をインスト-ルします。
Winodws 用のインストーラーは以下にあります。
特に難しいことはないと思いますが、インストール先のディレクトリがいつの間にか %LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37\ になっていました。

Selenium と ChromeDriver のインストール

以下から自分の Chrome に合ったバージョンの ChromeDriver をインストールして、PATH の通った場所に置いておきます。
面倒であれば、python.exe がある場所(%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37\) に突っ込んでしまえばよいと思います。

Selenium は pip を使ってインストールできるので、一撃で完了します。

pip install selenium

クロールしてスクショを撮ってみる

例えば以下のようなスクリプトを作って実行してみると、カレントディレクトリに screenshot.png というファイルができると思います。
--headless という行をコメントあうとすれば、実際にブラウザが自動的に動くのを目にすることもできます。

from selenium import webdriver from selenium.webdriver.chrome.options import Options options = Options() options.add_argument('--headless') prefs = { "download.prompt_for_download": False, "download.default_directory": r"C:\Users\hoge\Desktop\\", "download.directory_upgrade": True, "profile.default_content_settings.popups": 0, "plugins.plugins_disabled":["Chrome PDF Viewer"], "plugins.always_open_pdf_externally": True, } options.add_experimental_option("prefs",prefs) driver = webdriver.Chrome(options=options) driver.get('https://cles.jp/') driver.save_screenshot('screenshot.png') driver.quit()

思っていたよりもずっと環境構築は簡単でした。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10795
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン